日日是好日

今年は長く紅葉が楽しめました。
11月に入り長雨があった日に、山では大分落葉が進みました。落ち葉で、歩く足元の地面が見えなくなっています。朝の気温は零度前後になりストーブが必要、車の暖気運転も必要です。朝がちょっと辛くなってきました。薪ストーブが楽しみで山荘にいらっしゃる方もいることでしょう。長い時間、炎を眺めているのでしょうか。
里に降りると御柱街道沿いにある長円寺の楓が見頃を迎えていました。

星の話

長野県は 星がきれいに見えるスポットがたくさんあります。

蓼科も その一つです。

10月下旬になり 冬の星座が見えるようになってきました

 

 

冬の星座の代表格と言えば オリオン座が有名ですが 気になるニュースがありました。

去年、オリオン座を構成している星の ベテルギウスの消滅が近いのでは・・という記事がありました。

1等星だったのが2等星程の明るさになって 星の寿命を迎えてるのではないか?との記事でした

確かに前は 赤く輝く1等星だったと記憶しています。

太古の昔から見られていた星、ギリシャ神話にもなったオリオン座や 冬の大三角形も崩れてしまう・・・そんな事が見られるかもしれません

 

反論記事もありました。

ベテルギウスからガスが放出されて ガスの影響で一時的に暗くなっているのでは…と書いてる記事もありました。

 

記事引用です

ベテルギウスは、明るくなったり暗くなったりするタイプの変光星に分類される。したがって、単に光が弱まるサイクルに入っている可能性もあるが、ひょっとしたら爆発寸前なのかもしれない。ベテルギウスが長期にわたってここまで暗くなった例は過去に観測されていないことから、科学者たちはこの星の終焉が近いのではないかと考えている。

そのときが訪れるのは、来年かもしれないし、1万年後かもしれない。だが、ベテルギウスが終わりを迎えるときには、満月ほどの明るさになり、昼間でも見えるようになるはずだ

と記事は締めくくっていました。

遠い宇宙の話でいろいろな説があり実際はどうなのかわかりませんが、有名な星が消えると言う 天体ショーが見られるかもしれませんので 星空を見上げてみては・・

今年は豊作!?

今年は豊作!!というニュースが目に留まり、早速近所のキノコ採り名人と一緒に山へ行ってきました。

「1週間ほど前に取ってしまった場所なのであるかなぁ~」と不安そうな名人。

あればラッキーという気持ちで行ってみました。

車を降りて、山を散策してみると、、、、

ありました!!

わかりますか?

4本!!拡大すると、、

 

 

 

 

松茸です!!!

先週取っていたのでちょいと小ぶりな松茸でしたが、

小ぶりだったので、七輪で焼いてみました。

すると、松茸のいい香りが、、、

ビールと一緒にいただきました。

 

※注)今回行った場所はビレッジ内ではありません。

ビレッジ内は山菜取りは禁止されてますのでご注意ください!!

 

里山の桜が満開

滝見平の桜が満開になりました。
例年なら多くのお客様がお越しになるゴールデンウイークですが
非常事態宣言後は来荘のご連絡も少なく別荘地内は静かです。
ホテル、旅館、日帰り温泉は休業しています。
登山も自粛を呼びかけられています。
初めてのことです。
収束の見込みが見えてこないと辛いですね。
今は家でできることをして収束を待ちましょう。
医療関係者には感謝です。

滝見平

糸萱公民館

北山小学校

春の足音

蓼科山と北横岳の間にある 双子山にハート型の雪渓があらわれました。
今年は雪が少なかったですが 雪渓が現れると 春はもうすぐそこです。

 

 

 

冬の風景

今年は 雪の少ない冬でした。
雪や氷がいろいろな形に見えたので 写真に撮ってみました
自然が作った造形です。
何に見えると思いますか?

DSC_1811
DSC_0809

 

DSC_1817
DSC_4489

 

DSC_4224

上から カメ? サル? スヌーピー? 狛犬? ラピュタロボット兵(ラムダ)?
皆様には どう見えますでしょうか?

窓ガラスに付いた霜の模様

もう春は近いですが もう少し冬の風景を探してみてはいかがでしょうか。

秋冷

今朝6時の気温は8.5℃と今シーズン初めて10℃を下回りました。別荘地内の木々も徐々に色づき始めています。