イロトリドリノセカイ

錦秋から晩秋へ季節は移ろい、あたりは少し物寂しい風景になってきましたが、
私たちの足元には色とりどりの世界が広がっています。
こちらはJR上諏訪駅の道向かい、アーク諏訪ビル前の歩道にあるマンホールの蓋です。諏訪市らしく花火と高島城が描かれています。
駅の並びにある諏訪市観光案内所ではこんなカードを配布しています。

表面には蓋の絵柄と座標が、裏面には解説と二次元コードが載っています。
このカードを全国の地方公共団体と共に発行している下水道広報プラットホームによると「世界に誇れる文化物である日本のマンホール蓋を国民の皆様に楽しく伝えるとともに、下水道への理解・関心を深めていただくためのコミュニケーションツール」なのだそう。マンホールカードとして広く親しまれており、私が訪れた際も県外からお越しの方がカードを求めてお見えになっていました。

他にも近くにあるのではと探してみたところ、こんなマンホール蓋がありました。

これまたご当地らしい絵柄ですね。このマンホールは諏訪湖周に3カ所設置されれています。

マンホールカードを配布している豊田終末処理場(クリーンレイク諏訪)の入口にも付いていました。

こちらは11月1日より配布を開始したばかりの岡谷市のマンホールカードです。
岡谷市の市花であるツツジがあしらわれています。ツツジの名所で有名な鶴峰公園の他、市内の数カ所にカラーマンホール蓋が設置されています。

カードは平日は岡谷市役所 建設水道部水道課、土日祝日は岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)で配布されています。

そして茅野市はこちらの絵柄です。


国宝に指定されている縄文のビーナス、仮面のビーナスが描かれています。
縄文のビーナスといえば、先日全国の縄文ファンの間での人気投票である「縄文ドキドキ総選挙2020」で見事1位に輝きました。2016年「JOMON美土偶グランプリ」制覇に続き2冠を達成です。
「縄文総選挙 茅野市の縄文のビーナス1位」長野日報2020年11月6日付
マンホールカードの配布場所はJR茅野駅ビル内の茅野市観光案内所です。
カラーマンホール蓋は茅野市役所前、茅野駅周辺で見ることができます。

出かけるにもちょっと考えてしまう今日この頃、足元の世界をのぞいてみるのも良いかもしれません。のぞき穴はこちら
下水道広報プラットホーム/マンホールカード検索

外で焼いも

我が家の子供が焼いもを食べたいというので外で焼いも会をしました。

 

田んぼで焚火でもしながらつくろうと思いましたが風が強かったのでBBQコンロに変更。
 
水で濡らした新聞紙とアルミホイルを巻いて炭火へ投入。

10分後…

 
箸が奥まで刺されば完成。


おいしくいただきました。

焚火の方が雰囲気出ますが、ビレッジ敷地内は焚火禁止ですのでご承知おきください。
手間を考えれば薪ストーブの上に置いてつくるのが一番かもしれませんね。

蓼科の木でスモーク

伐採したナラの木からスモークチップを自分で作りスモーク。(燻製作り)

伐採したナラの木を皮をむき細かく切って乾燥。


さらに細かく砕いてスモークチップ(ナラ)の完成です。

炭に火をつけてスモークチップを燻製器に


食材を入れてしばらくすると煙のいい香りが・・・
1時間位スモーク(燻製)しました。

あまり癖がなく優しい香りで色付きもきれいな色に仕上がりました。


他の食材もスモーク(燻製)しました。


信州サーモンのスモーク(燻製)パスタにしていただきました。

蓼科の冬支度

今年も残すところ2か月となりますね。

10/31は🎃(ハロウィン)当日夜は🌕(満月)  です。

🎃と🌕が同時になるのは46年ぶりだそうです。意外ですね。

でも46年前は🎃がこんなに盛り上がっていたのかはわかりませんが、今年は生活スタイルが変わりました。どんな🎃になるのでしょうか。

さて、蓼科の山荘も冬支度(止水)が大詰めとなってきました。1,800軒弱の山荘の止水作業を現在実施中です。まだ管理事務所に止水のご依頼(管理契約を締結されている皆様)をされていない方は、早めにご連絡ください。また、ご自身で止水をされる方も凍結破裂のリスクが増えますので凍結防止帯入れや早めの凍結対策、止水をお願いします。

紅葉が終わり、止水を終えると別荘地内もすっかり寂しくなってきます。

これから蓼科や長野県内にお出かけの際は車両の冬装備(スタッドレスタイヤ・チェーン)等、前もって必ず準備しておいてください。急な天候変化もありますのでくれぐれもご注意ください。

国道299号線(メルヘン街道)麦草峠の通行止め予定は2020年11月19日(木)~2021年4月22日(木)となります。天候次第で通行止めが早まる可能性もありますのでご注意ください。

国道299号メルヘン街道麦草峠(千駄刈りゲート)茅野市側

日向木場展望台より

 

長い冬の始まりです。

皆様に早くお会いできますように。

では、 I’ll see you

紅葉を楽しむ

先週末には多くの観光客のみなさんが蓼科の紅葉を楽しんでいました。紅葉スポットの駐車場はどこも満車。例年より多い人出かなと思います。
今年は長野県に台風が来ていないので葉が落ちずに残っており紅葉もきれいです。八ヶ岳の峰々も白くなり、山容の見栄え、良しです。
紅葉はもうしばらく楽しめそうですが、11月に入れば零下になる日も多くなります。ここ2,3年は雪の少ない冬になっていますが、今年は早めの初雪があるかもしれません。別荘の管理事務所では山荘の水止め作業を急いでいます。

星の話

長野県は 星がきれいに見えるスポットがたくさんあります。

蓼科も その一つです。

10月下旬になり 冬の星座が見えるようになってきました

 

 

冬の星座の代表格と言えば オリオン座が有名ですが 気になるニュースがありました。

去年、オリオン座を構成している星の ベテルギウスの消滅が近いのでは・・という記事がありました。

1等星だったのが2等星程の明るさになって 星の寿命を迎えてるのではないか?との記事でした

確かに前は 赤く輝く1等星だったと記憶しています。

太古の昔から見られていた星、ギリシャ神話にもなったオリオン座や 冬の大三角形も崩れてしまう・・・そんな事が見られるかもしれません

 

反論記事もありました。

ベテルギウスからガスが放出されて ガスの影響で一時的に暗くなっているのでは…と書いてる記事もありました。

 

記事引用です

ベテルギウスは、明るくなったり暗くなったりするタイプの変光星に分類される。したがって、単に光が弱まるサイクルに入っている可能性もあるが、ひょっとしたら爆発寸前なのかもしれない。ベテルギウスが長期にわたってここまで暗くなった例は過去に観測されていないことから、科学者たちはこの星の終焉が近いのではないかと考えている。

そのときが訪れるのは、来年かもしれないし、1万年後かもしれない。だが、ベテルギウスが終わりを迎えるときには、満月ほどの明るさになり、昼間でも見えるようになるはずだ

と記事は締めくくっていました。

遠い宇宙の話でいろいろな説があり実際はどうなのかわかりませんが、有名な星が消えると言う 天体ショーが見られるかもしれませんので 星空を見上げてみては・・

蓼科山が冠雪しました

 

昨日は寒かったです。日中も気温が上がらずとても寒く感じる1日でした。麦草峠も積雪あり、観光客のみなさんの車はまだノーマルタイヤ、ノロノロ運転で渋滞したようです。11月12月こちらに来られる方はスタッドレスに履き替えてお越しください。

こぶし平143号

借地権販売中の土地、こぶし平143号をご紹介します。

 敷地北側接道より南を見る

 敷地北東側接道より南西を見る

 南八ヶ岳を望む

 敷地西側より東を見る

標高約1,600mに位置するこの区画。

敷地北側に接道。

北側(接道側)は平坦に近く、南へ下るほど南傾斜が強くなります。

敷地北側へ建物を配して南へ視線を取れば、

開けた景色を得ることができるでしょう。

ご興味がございましたら、弊社営業部(℡:0266-67-2411)まで

ご連絡をお待ちしております。