工事について

工事開始前

以下の事項をご承知ください。

1.「工事届け」について

蓼科ビレッジ内で工事を行う全ての業者(建築、土木、設備工事および造園等)は、事前に管理事務所に「工事届け」を提出してください。
届け出用紙は管理事務所にございます。

2. 境界確認について

建築計画を立てられた際は、隣地との境界について、当社担当者立ち会いのもとで確認してください。

3. 工事禁止期間について

下記の期間を工事禁止期間にしております。

  • 日曜日、祝祭日
  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み期間
  • 年末年始
  • その他当社が指定する日
4. 水道工事について

水道(汚排水を含む)工事には、当社指定の、寒冷地用施工ノウハウを持つ設備業者を使うことを義務付けております。また、竣工後は、当社担当者による完成検査があります。当社施工基準にそって検査いたしますので、完成後は速やかに検査申請してください。

5. 環境整備協力金について

工事を行なうにあたっては、蓼科ビレッジ内の道路および諸施設等利用にともなう施設利用料として「環境整備協力金」をお支払いいただきます。

【新築工事の場合】

  • 1m2当たり 3,500円

【増改築・土木・設備工事・造園等の場合】

規模、工事期間により算出いたします。

工事開始後

下記注意事項を守ってください。

  1. 工事現場には「工事届け済」の看板を掲げてください。
  2. 工事で道路を長時間占有する場合は、管理事務所にお申し出ください。
  3. 「工事車輛通行許可証」を貸与しますので、必ず携帯し、目につく場所に掲げてください。
  4. 建築現場には、ゴミボックスと簡易トイレを設置してください。
  5. 浄化槽設置の場合、境界線より5m以上離してください。
  6. 工事用車輛等により、道路、側溝その他の諸施設を損傷しないよう万全の注意を払ってください。損傷した場合は必ず補修、復元をお願いします。
  7. 境界石の損傷、移動除去は絶対しないでください。
  8. 工事用機械や資材の運搬その他の理由により、無断で隣接地を通行しないでください。また、資材の積み卸し置き場等に使用しないでください。
  9. 残材、伐採木、下草、屑等は敷地内で処理するか搬出することとし、現場には放置しないでください。
  10. 通行の危険防止、火災予防に十分ご注意ください。

このページの先頭へ

環境保持

  • 周囲の自然に融合した風格ある環境醸成のため、建築および敷地造成・造園にあたっては、法規制ならびに蓼科ビレッジ内規を守ること。建物や敷地の造形については事前に管理事務所に相談すること。
  • ビレッジ内の鳥や獣・魚・草花・立木等は、保護し育てるよう心掛けること。山荘および森のために下草刈りや間伐を積極的に行ないましょう。野鳥、小動物のため、できる限り雑木を残し実のなる木などの植栽を心掛けましょう。
  • 敷地内の看板の形状、大きさ、色彩については自然景観を阻害しないよう充分留意すること。
    (注意:案内看板の無断設置は禁止されています。)

このページの先頭へ

火災予防

  • 枯草の時期(3月〜5月、10月〜12月)は、野外での火の使用は絶対禁止。それ以外の時期は管理事務所に連絡すること。
  • 野外バーベキュー、花火、その他裸火を使う場合、完全に後始末すること。
  • キャンプファイヤーを行う場合は事前に管理事務所の許可を得ること。

このページの先頭へ

交通安全

  • 当別荘地内での自動車運転は安全運転を心掛けましょう。
  • 駐車場は敷地内に設け、路上駐車は原則として禁止。やむを得ず路上駐車する場合は他の通行の邪魔にならないようにすること。

このページの先頭へ

ペット管理

  • 捨て犬、捨て猫等は厳禁。
  • 犬の散歩の際は必ずリードをつけ、糞の後始末は必ず実行すること。また、外飼いの場合には鳴き声に充分ご注意ください。

このページの先頭へ

騒音防止

  • 別荘地内でコンサート他の催し物を行う場合(大勢の人が集まる時)は、その規模等をあらかじめ管理事務所まで届け出ること。
    「催し物等届け」用紙を管理事務所に用意してあります。
  • カラオケ、楽器演奏は周囲の迷惑にならないよう気をつけてください。
  • 花火、爆竹、草刈り等、騒音を発生するものについては、AM9:00以前、PM9:00以後は特に配慮すること。

このページの先頭へ

ゴミの出し方

ゴミは下記のルールに従い、廃棄物と資源物に分別してお出しください。

可燃物 生ゴミ(水切りをする)、紙、革、ゴム、木、ビニール、プラスティック
等茅野市指定ゴミ袋を使用
資源物 ペットボトル、発泡スチロール、食品のトレイ(中身は空け、軽く洗ってそれぞれレジ袋等に入れる)、ダンボール(たたんで縛る)、雑誌・新聞(束ねる)
不燃物 缶、ビン、陶器 等(缶とビンは別々の袋に分ける)
茅野市指定ゴミ袋を使用
蛍光灯(割れないようケースに入れる)、乾電池(レジ袋等にまとめる)

※ 可燃物と不燃物は絶対に一緒に入れないでください。

※ 粗大物、家電等は回収の対象外です。
ゴミステーションには出さず、管理事務所にご相談ください。

※ ゴミ袋は市指定のものを使用し、氏名を記入してください。
(「グリーンヒル」にて販売しています。可燃物用、不燃物用の2種類とも山荘に備えていただき、上記にしたがって分類のうえお出しください。)

※ 不明な点につきましては管理事務所へお問い合わせください。

このページの先頭へ

その他

  • 指定区域以外で商業を営むこと、および営利事業を行なうことを禁止します。
  • 契約後、土地を分割することはできません。
  • 敷地内を流れる水路、湧水地点、道路雨水枡は変更しないこと。
  • 他の敷地を無断で通行しないこと。
  • 隣接地の樹木を無断で伐採しないこと。