しゃくなげ平258号

借地権販売中の土地、しゃくなげ平258号をご紹介します。

 敷地北側より南を見る

 甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳を望む

 敷地中央より西を見る

 敷地中央より北を見る

蓼科ビレッジの中でも一番標高の高い、しゃくなげ平別荘地に位置するこの区画。

緩やかな南傾斜、十分な日照を得ることができます。

昨年、樹木を適度に伐採したことで、眺望もよく取れるようになりました。

標高約1,700mのこの地に、ご自身の山荘をお建てになるのはいかがですか?

ご興味がおありでしたら、弊社営業部(℡:0266-67-2411)まで

ご連絡をお待ちしております。

八ヶ岳火山の溶岩

ビレッジの近辺には火山の痕跡が数多く見られます。その一つである溶岩について観察してみました。

① 溶岩流によって板を無数に重ねた様な板状節理が発達した横谷峡の巨大溶岩です。
珍しい不思議な模様です。この様な溶岩帯の上にビレッジが立地しています。

② 横谷峡に流れる川の両岸に切り立った絶壁の溶岩崖は、壮大な景観です。
大自然の偉大さに圧倒されます。

③ 滝見平を流れる渋川の対岸にはこの場所まで溶岩流が押し寄せ、断崖状態で止まっている先端部がよくわかります。この断崖の上には典型的な溶岩台地が広がっています。

④ 渋川大橋と糸萱大橋の渋川流域でも糸萱火砕流によって形成された溶岩が各所に見られます。

積雪情報(2020.03.26)

日当たりの良い場所の雪は解けてほとんどありません。
本日はいつもの防寒着を脱いで作業しました。
でも春が来たかと安心するとまた雪が降ったりするので安心はできません。
雪が少ないのとコロナウィルスの影響か、来荘されている山荘は昨年より多めです。

そろそろこちらも桜の季節ですが、
高遠城址公園の桜祭りは中止です。
桜を見ることはできるようです。

中止にともなう対応

春の足音

蓼科山と北横岳の間にある 双子山にハート型の雪渓があらわれました。
今年は雪が少なかったですが 雪渓が現れると 春はもうすぐそこです。

 

 

 

春はそこまで

連日報道が続く新型コロナウイルスの影響で、マスクの不足やトイレットペーパー類の買い占めなど、通常では考えられないようなことがおきています。
そんなときこそ落ち着いて行動したいものですね。
人の世は混乱していますが、それでも季節は廻っていて、春はそこまで来ているようです。

販売センター近くに咲いていた福寿草です。

先々月お知らせしたツルヤ茅野店さんがいよいよ来週26日から営業開始です。
ウィルス対策を万全にして日本経済回していきましょう!

冬の風景

今年は 雪の少ない冬でした。
雪や氷がいろいろな形に見えたので 写真に撮ってみました
自然が作った造形です。
何に見えると思いますか?

DSC_1811
DSC_0809

 

DSC_1817
DSC_4489

 

DSC_4224

上から カメ? サル? スヌーピー? 狛犬? ラピュタロボット兵(ラムダ)?
皆様には どう見えますでしょうか?

窓ガラスに付いた霜の模様

もう春は近いですが もう少し冬の風景を探してみてはいかがでしょうか。

積雪情報(2020.03.06)

今朝は管理事務所で-9℃まで下がりましたが、日中は気温が上がり過ごしやすくなりました。
春を迎えるのも早そうです。
桜の開花も早くなりそうですがコロナウィルスの影響で各地の花見イベントも縮小されることになりそうです。

積雪量
しゃくなげ平10cm  こぶし平5cm  白樺平5cm  十文字平0~2cm

中古リノベーション物件

2018年に白樺平で実施した中古リノベーション物件工事の取り組みに続き、第2弾をからまつ平で計画しています。リフォームをお考えのメンバーの皆様や、中古物件の購入を検討中のお客様にご見学いただき、リフォームの参考にしていただくのが目的です。以下記載の内容を主な工事予定とし、今夏の完成を目指しています。

敷地内の伐採

屋根清掃、屋根や外壁の木部塗装、一部窓サッシ交換

和室を洋室へ変更

リビングの拡張

キッチン、トイレ、バス、給湯器など設備の交換、合併浄化槽の新設を予定しています。

 

松本城梅の花です

昨日雨上がりで曇り空ででしたが

松本城に行ってきました。

今年は暖冬で梅の開花も1週間位早いようで3分咲でした。

3月上旬~中旬には見頃を迎えると思われます。

一歩ずつ春の足音が聞こえてきております。

桜の花もつぼみが大きくなっていました。

桜の開花も例年より早いかもしれません。

ウェザーニュースによりますと4月5日開花

4月10日満開の予想が出ておりました。

皆様もお出かけになってみてはいかがでしょう