冬に備えて

蓼科の木々は落葉し、いよいよ冬を迎えます。秋から冬シーズンのゴルフ場のティーグランドには、夏にはお目にかかれない1本の鉄の棒が置いてあります。この道具は『ティーボーリング』といいます。氷点下を記録するような気温が低い時にはティーグランドが凍結し、ティー(第一打の際ゴルフボールを乗せる道具)を地面にさすことができないことがあります。ティーボーリングの取っ手を持って、ティアップしたい場所に落とすと、穴が空きます。そこへティーをさすことでティアップがしやすくなります。しかし、カチカチに凍っている時はこのティーボーリングをもってしても穴が空かない時があります。その時は、すでに空いている穴を探してティアップをします。

鹿は季節に関係なく良く餌を食べている印象がありますが、冬になり雪が降れば餌が減るので、今の時期はいつもよりたくさん食べて冬を迎える準備をしているのだろうと思います。

空気圧のチェックやホイールバランス調整が必要ですので、ショップでのタイヤ交換をおすすめすめしますが、冬に備えて自分で夏タイヤからスタッドレスタイヤへ交換をしました。ジャッキアップをしてタイヤを外します。一つのタイヤにつき4個のナットで締めます。ナットには向きがあり丸みを帯びた側をタイヤに押し当てて締めます。ナットの向きを間違えてしまうとタイヤが外れて事故につながる可能性があるので、ナットの向きには特に気をつけます。

スタッドレスタイヤの溝には『プラットホーム』が着いています。プラットホームは冬用タイヤとしての使用限度を示すサインで、新品タイヤが50%摩耗したことを示す段差です。このプラットホームが露出してしまうと冬用タイヤとしては使用できません。また、タイヤの側面にはタイヤの製造年月日が刻印されています。アルファベット以降の4桁の数字で確認することができます。4817であれば、48と17の二桁にわけます。前の48が『週』、後の17が『西暦』を表します。2017年11月27日から12月3日に製造されたタイヤということです。タイヤは摩耗以外に経年劣化によるひび割れなどで、タイヤの性能が下がってしまうことがあるので、製造年月日も確認する必要があります。

 

 

霜月景色

11月も半ばとなり、日に日に寒さが身にしみる時期となりました。
今回は11月(霜月)にちなみ、霜を載せたいと思います。
放射冷却の影響か、最近朝方の地面に目を向けますと

草の葉が霜に覆われていました。

撮影場所は自宅です。

 

上の写真は管理事務所の土手を撮影しました。霜が枯れ草に貼り付き、寒さを目で感じます。

冬が間近に迫り、これから更に寒さが厳しくなりますが、お体ご自愛下さい。

 

 

新社屋建設工事

八ヶ岳の峰が白くなりました。広葉樹の葉はほとんど落ちてしまいました。カラ松の葉は色を変え綺麗になっています。
蓼科に通うわれわれも、いつ冬タイヤに履き換えようと考える時期になりました。今まで暖かめだった気候も明日から冷えて来そうです。

さて、新社屋は基礎工事がほぼ終わり、完成まであと230日。来週は建前の予定です。そろそろ建物が見える形になってきます。(和)

蓼科湖の紅葉

 

かり秋色

木々があっと言う間に色づいてきました
たった一日で山の景色が変わっていきます。。。。

間もなく
🍁🍁 ふかふかと積もった紅葉の絨毯 🍁🍁
が見られます!

10月30日

 

収穫の秋

我が家の田んぼで新米が穫れました。

9月中旬に稲刈りを行い、はぜ棒にかけ、乾燥させて脱穀します。


最近は、稲刈りから脱穀、乾燥まで農協さんや業者さんに頼む家が多いようです。
昔はこの時期、田んぼにはぜ棒をつくって稲を乾かしているお宅たくさんありましたが、最近は少なくなりましたね。
今年は、10日くらい乾燥させて先日脱穀しました。

因みに、我が家は自分たちで食べる分だけつくっています。
田んぼ2枚分が1年間の我が家のお米の消費量です。

蓼科山に登ってきました2021/10/10

蓼科山に登ってきました。
10月10日(日)久しぶりの山歩きなので楽そうな七合目登山口から、駐車場が空いてそうな未だ暗い時間に、ヘッドランプを点けて登り始めました。このルートを登るのは20年以上振りです。地元の小学生が授業で登るようなルートなのですが、頂上まで真っ直ぐな急登な道で結構心拍数が上がります。頂上は大きな岩がごろごろしているどこが頂上?って感じのひろーい場所です。朝6:30雲海が未だ残る幻想的な景色に出会うことができました。(和)