八ヶ岳周辺水系に生息する幻の渓流魚秘話(Ver.1)

今回は「八ヶ岳周辺水系に生息する幻の渓流魚秘話」と題し紹介させていただきます。(やや専門的で長文になりますが、ご興味のある方はご一読くださいませ。

八ヶ岳周辺水系には地元の住民でさえ知る人ぞ知る「幻の渓流魚」が2種類存在することをご存じでしょうか?

その幻の渓流魚とは八ヶ岳周辺水系のみに生息、生育、繁殖している固有亜種、降湖型サツキマスの「諏訪マス


★ 今年の初夏に遡上した諏訪マス ★

在来原種とされる「信州縄文アマゴ」の2種。


★ 信州縄文アマゴ ★

 

2種とも太公望の私がターゲットにしている魚です。
最初によくある質問に対して回答させていただくと「その魚は何処で釣れますか?」との問いに・・・
それは「マツタケの取れる場所を教えてください」と同じで、
詳細のポイントは希少種を守る観点から記載することは出来ません。
しかし蓼科ビレッジから近い場所に存在していることはだけは事実なのです。

諏訪マス」と「縄文アマゴ」は遺伝子分析により遺伝的な共通性が確認されていると言います。

川に留まったアマゴが「縄文アマゴ」諏訪湖に降って成長した後に遡上するサツキマスが「諏訪マス」と言います。

今回のVer.1は降湖型サツキマスの「諏訪マス」を中心に紹介したいと思います。

さて、サツキマスとは5月頃に遡上することから、サツキ(皐月)を冠した名前がつけられています。
因みにアマゴの降海型をサツキマス。ヤマメの降海型をサクラマスと呼びます。

皆様の中にはアマゴは知らないがヤマメ(山女魚=渓流魚の女王とも呼ばれる)なら聞いたことあるという方は多いのではないでしょうか?


★パーマークがあるが朱点がないヤマメ★

ヤマメは「日本海側に注ぐ河川」と「太平洋側に注ぐ東日本の河川」に主に生息し、反対にアマゴは「太平洋側に注ぐ西日本の河川」に生息しています。

★朱点があるアマゴ★

その2種も八ヶ岳水系が日本の分岐点の一つとされています。

具体的には国道152号線沿いの大門街道には「音無川」と「大門川」が隣接しています。
白樺湖付近を源流とする「音無川」はやがて天竜川へと流れ太平洋に注ぐので、ここから西日本には「アマゴ」が生息します。
また大門街道を降ると「大門川」が流れ、日本海に注ぐのでここから東日本には「ヤマメ」が生息しているのです。

つまりビレッジから少し車を走らせればこの2種を釣ることができるのです。
(※但し漁協が2つに分かれているので、それぞれ遊漁券が必要になります)

 

さて話を戻しましょう。
サツキマスは海水耐性を持つ体になって海まで下って成長した後、サケのように
生まれた川に帰る降海型が一般的で、天然分布の降湖型は「諏訪マス」のみだそうです。

冬から春までの間に諏訪湖のワカサギを沢山捕食して体高や厚みも増し
遡上の時期になると体長35㎝~40㎝以上になり、体重も1キロを超える場合もあるのです。
その魚体はパーマークが消え、アマゴ特有の朱点を残しながらも銀化した美しい姿となります。
寿命は2年で産卵を終えるとサケと同じ運命を迎えます。

地元の釣り愛好家からは「諏訪マス」「」「ノボリ」などと呼ばれ、
私もこの魚を「ノボリ」と呼びます。

この魚だけを追い続けている地元愛好家も存在し、Tシャツなどグッズまであります。

通常の釣り方はルアーと餌釣りになりますが、私はルアー専門で狙っています。
中でも遡上中の諏訪マスは攻撃的で、そのファイトは勇ましく、コアな太公望の心を熱くさせる魚なのです。

★「ノボリマスター」と呼ばれるI氏★

しかし、毎年遡上する魚の絶対数は少なく、遡上した中で障害となる高い堰を飛び越え、産卵地に辿り着ける諏訪マスは極めて少数であるとされます。
この魚を狙い何年も追い続けて、まだその姿さえ見たことが無いという
太公望も多くいます。
(※禁漁の時期について諏訪東部漁協では9月末までとなります。)

また地元では諏訪マスを後世に残そうとしているグループ
「諏訪マスプロジェクト」が環境保護活動を行っています。

ここ最近、地元を騒がす大きな事件が起こりました。
数年前から大手開発会社の大規模太陽光発電施設「四賀ソーラー事業」進んでいました。
その計画地内に最重要の産卵地があるため「諏訪マスプロジェクト」や地元を守る有志達が反対運動を行ったのです。

「絶滅回避に向けて配慮してほしい。死滅してからでは取り返しがつかない!」

「地域の固有種はふるさとの誇り、その地域にいるべき魚がいられる環境は何が何でも守り、後世に残していかなければならない!」

と訴え続け、署名活動も行われました。

やがてこの運動が大きな輪となり大規模太陽光発電施設は中止されたのです。

最後に近年まで「諏訪マス」は漁協から放流された養殖の降海性遺伝を持つアマゴが諏訪湖に降りサツキマスになったと言われていました。

多くの人がそう思い、私もその説を信じていた一人でした。

なぜなら、既に日本の渓流魚の殆どが人の手によって交配され、放流に適した系統だけが残り、本来いるべき在来原種の姿は数限りなく絶滅していったのです。

しかし最近の研究により地元の固有亜種である可能性が浮上し、放流魚との交配はなかったとの説が遺伝子分析で明らかになろうとしています。

これは河川の事例として極めて異例であると言えるでしょう。


★ 「遡-奴らは河の向きを知っている」写真提供:つり館松田屋  ★

まさに幻の魚と言って過言ではない渓流魚それが「諏訪マス」なのです。

更に詳しい情報を知りたい方は「つり館松田屋」まで!

「次回Ver.2では縄文アマゴの秘話について記載する予定です。」

レモンシボリ

皆さんご覧になっていると思いますが、蓼科湖からプール平に上ってくる途中、道路わきにある白い変わった建物、正式名称は「紀元二千六百年文化柱」ですが、レモンシボリと呼んだ人もいるようです。言われてみれば確かにレモン絞り、実はこれ80年前に建てられたタイムカプセルなのです。

建物に貼ってある案内板は腐食してよく見えませんが、脇の支柱には
ーーーーこの建物は日本紀元二千六百年を記念して、当時の新聞、雑誌、図書などの文化物を一百年後の子孫への贈り物とする目的として新聞之新聞社が地元・湯川区(現茅野市)のご協力を得て昭和十五年(一九四〇)に建設したタイムカプセルです。ドーム内に六千余点の文化物が収蔵されていて、二〇四〇年元旦に開扉されます。------
とあります。日中戦争が行われていた、太平洋戦争が始まる前の時代に作られたものなのですね。

小津安二郎映画の共同脚本家でともに蓼科で夏を過ごした野田高梧の蓼科日記にもこの「レモンシボリ」が登場しています。当時まだ未舗装で雨が降ると道がドロドロになって車がこの急坂を登れなくなってしまうというエピソードが書かれてあります。

扉を開けるのは20年後です。

蓼科日記 抄

元祖 蓼科アイス
蓼科湖に新しくできた道の駅のアイス屋さんにもこの名がつけられています。
蓼科日記にはたびたびこのお店の名が登場しています。

わが家のペット秘話

お待たせしました!  第2回目です。

今回はイングリッシュセッターのアーサー君です。

アーサー君は5年前にボランティアから引き取った保護犬で推定年齢9歳ぐらいの男の子です。

一時預かりのお宅で既に名前が付けられておりイングリッシュセッターの故郷にちなみ英国アーサー王(左)
から名前をもらい、現在もそのまま引き継いでいます。

アーサー君の保護される前の状態が分からずトラウマ等の心配がありましたが全く心配ご無用!
従順ですぐに馴染んでくれました。

散歩が大好きなアーサー君は1日1万歩が日課。
「行く?」の呼びかけで瞬時に出発モードです。

散歩中は側溝を歩くのが好きで、小動物の匂い嗅ぎ、トカゲを追いかけ
テンションMAX‼
勢い余って追い越してしまう事もしばしばです。

引き取った当時は瘦せっぽちでしたが、毎日の散歩の成果で今では筋肉ムキムキのアスリート体型、我が家で一番の美男子(ご主人より⁉)となったアーサー君です。

また次回お楽しみに!  ”See you soon”

茅野市初! 道の駅

「ビーナスライン蓼科湖」
   出店店舗のご案内!

  道の駅へ Lets  go❢

 table top (テーブルトップ)
ピザやサンドウィッチ
オリジナルのレモンとザクロのスカッシュが自慢!
レモンはそのまま美味しく召し上がれます!
営業時間
午前10時~午後5時
不定休

レモンとザクロのスカッシュ 400円

 蓼科アイス
昭和の代に日本映画界の巨匠.小津安二郎監督ら文人墨客に愛された
同名喫茶店の”復刻店”。
濃厚なバニラソフトや旬の果実が入ったソフトなどがあります。
営業時間 午前9時~午後5時
火曜定休

期間限定ブルーベリーソフト 500円子供達の楽しそうな笑い声が響いていました

農産物直売所「蓼科農家」
 地元の新鮮な農産物をお買い求めいただける直売所です。
 営業時間
 午前8時~午後5時
 年中無休

蓼科湖
標高 1250m 静かな湖で四季折々の素晴らしい景色を見せてくれます。
湖周には遊歩道も整備されているので道の駅と併せて散策を楽しまれてはいかがでしょうか

今年は豊作!?

今年は豊作!!というニュースが目に留まり、早速近所のキノコ採り名人と一緒に山へ行ってきました。

「1週間ほど前に取ってしまった場所なのであるかなぁ~」と不安そうな名人。

あればラッキーという気持ちで行ってみました。

車を降りて、山を散策してみると、、、、

ありました!!

わかりますか?

4本!!拡大すると、、

 

 

 

 

松茸です!!!

先週取っていたのでちょいと小ぶりな松茸でしたが、

小ぶりだったので、七輪で焼いてみました。

すると、松茸のいい香りが、、、

ビールと一緒にいただきました。

 

※注)今回行った場所はビレッジ内ではありません。

ビレッジ内は山菜取りは禁止されてますのでご注意ください!!

 

文学の世界へ遊覧散歩

諏訪大社の御柱祭を代表とする諏訪の人々には恵まれた大自然の中で高い信仰心と伝統を守っていく探求心がありそこから高度な文化と高度な文学が生まれています。その郷土出身の文学者、作家に触れてみることにしましょう。

① 新田次郎
八ヶ岳の雷鳥は絶滅したとする学説であるが雷鳥は必ずいると信じ冬の八ヶ岳へ探しに行きついに発見。夢中でカメラに収めるが折しも雪崩が発生、その白い爪痕には一本の切断された赤いザイルだけが・・・。の秀作「まぼろしの雷鳥」をはじめ直木賞を受賞した「強力伝」さらに「縦走路」など八ヶ岳を舞台にした作品が数多く残されて八ヶ岳の愛好者にはたまらない文学作品の数々です。生まれ故郷である角間新田に近い諏訪市岡村の正願寺に眠っています。

新田次郎の秀作 「まぼろしの雷鳥」 昭和44年 講談社発行

新田次郎の菩提寺 正願寺

② 平林たい子
諏訪の中洲出身で林芙美子らと婦人作家グループを結成しプロレタリアに傾注します。代表作の「秘密」は知的障害児を持つ家庭問題とそれに伴う社会問題を提起しています。家族はこの子のためにいろいろと方策を立てるが結局為すすべもなく最後には江の島の海岸へ・・・。の女流文学賞作品をはじめ「黒い年齢」・「結婚行路」など傑作の数々がずらり。たい子の作品には生と死の文字がところどころに見え隠れします。出身地の中洲にある記念館の碑に残されている「私は生きる」という強い意志の言葉は作品の中から分かるように生涯たい子が好んだ言葉でありたい子の一生を貫いています。

平林たい子 女流文学賞の「秘密」 昭和43年 中央公論社発行

平林たい子記念館

たい子の記念碑「私は生きる」

③ 島木赤彦
諏訪の生んだ偉大な教育者であり、歌人です。正岡子規から「野菊の墓」の作者伊藤佐千夫に継承された短歌革新の事業は赤彦を中心に「アララギ」によって近代文学を導きました。執筆活動をした家は下諏訪高木にあり、庭先に柿の木があることから柿蔭山房と名付けられ今も多くの赤彦フアンが訪れています。

諏訪湖を一望する柿蔭山房

赤彦柿蔭山房の案内板

赤彦柿蔭山房の正面玄関

④ その他著名人に諏訪市では赤彦全集、漱石の「こころ」をそして岩波文庫を刊行した岩波茂雄、他に土田耕平、藤森成吉。茅野市では篠原志都児。下諏訪町では今井邦子、久保田不二子などのメンバーが名を連ねています。

⑤ 郷土出身者以外では諏訪、富士見地方の大自然を舞台に活躍した斎藤茂吉、長塚節、堀辰雄、与謝野晶子、竹久夢二、田宮虎彦等そうそうたる文学者がいます。
このような文学界を代表するすばらしい文豪・文壇のいにしえに思いを馳せながら文学散歩をしてみませんか。